top of page

M&A用語:事業承継

事業承継とは?


事業承継は、会社・事業の経営を現在の経営者から後継者に引き継ぎ、株式を譲渡することを一般的に意味している。最近は、経営者層の高齢化に伴って、事業承継への関心も高くなっています。


事業承継には、「経営権の承継」と「財産の承継」という2つの側面があり、「経営」と「株式」が承継されて初めて、事業承継が成立します。


日本の中小企業では、株主が経営者を兼ねているケースが大半で、これは会社の「所有」と「経営」が一致している状態になります。

これらは必ずしもセットで、身内に承継される必要はありません。


経営者が変わっても、会社が永続的に事業を継続し、発展していくことが重要であり、「経営権」と「財産」の次世代へのスムーズな移転には、周囲の理解の獲得に加え、株式の買取資金や税金など様々な問題を解決するために、早期から時間をかけて取り組む必要があります。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

M&A用語:ティン・パラシュート

ティン・パラシュートとは? ティン・パラシュートとは、買収防衛策のひとつです。 買収後に従業員が解雇されることを想定し、通常より多額の退職金や一時金を出す規定を、雇用契約または労働協約で定めておくことで、買収コストの引き上げによる買収意欲低下を狙うものになります。

M&A用語:シャーク・リペラント

シャーク・リペラントとは? シャーク・リペラントとは、買収防衛策のひとつになります。 サメよけ戦略です。敵対的買収の防衛策のひとつになります。 買収候補先とならないように、予め各種買収防衛策を定款規定に含めておくことです。 主な例としては「スーパー・マジョリティ条項」、「スタッガード・ボード」等が挙げられます。

M&A用語:スーイサイド・ピル

スーイサイド・ピルとは? スーイサイド・ピルとは、敵対的買収防衛策のひとつです。 敵対的な立場をとる買収者が株式(議決権)の一定割合を取得した時点で、被買収側の企業が自社の財務状態が著しく悪化する契約等を執行することにより、買収者側の意欲をそぎM&A阻止をはかることをいいます。

Comments


bottom of page