top of page

DCF法とは?


Discounted Cash Flow Methodの略語。収益資産の価値を評価する方法の一つになります。

企業で将来的に生み出される見込みのフリーキャッシュフローを割り引いて算出した現在価値のことです。


企業M&Aの際の取引価格の算定をはじめ、銀行の融資先資産判定や債権引当の算定、株式や不動産の価格評価など、投資プロジェクトの価値算出の際に幅広く用いられています。

この方法で評価する場合、フリーキャッシュフローを割り引く際の割引率の設定によって結果が大きく異なるため、客観的で妥当な割引率を算出することが重要になります。


企業価値評価において将来計画を含めた価値把握のため1980年代後半よりしだいに使われはじめ、不動産鑑定においては2002年の不動産鑑定基準の改定の際に正式にDCF法が採用されるようになりました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

M&A用語:ティン・パラシュート

ティン・パラシュートとは? ティン・パラシュートとは、買収防衛策のひとつです。 買収後に従業員が解雇されることを想定し、通常より多額の退職金や一時金を出す規定を、雇用契約または労働協約で定めておくことで、買収コストの引き上げによる買収意欲低下を狙うものになります。

M&A用語:シャーク・リペラント

シャーク・リペラントとは? シャーク・リペラントとは、買収防衛策のひとつになります。 サメよけ戦略です。敵対的買収の防衛策のひとつになります。 買収候補先とならないように、予め各種買収防衛策を定款規定に含めておくことです。 主な例としては「スーパー・マジョリティ条項」、「スタッガード・ボード」等が挙げられます。

M&A用語:スーイサイド・ピル

スーイサイド・ピルとは? スーイサイド・ピルとは、敵対的買収防衛策のひとつです。 敵対的な立場をとる買収者が株式(議決権)の一定割合を取得した時点で、被買収側の企業が自社の財務状態が著しく悪化する契約等を執行することにより、買収者側の意欲をそぎM&A阻止をはかることをいいます。

Comments


bottom of page